Apcupsdのインストール

APC Smart-UPS 1500 RM をUSB接続する

UPS
 |USBケーブル
サーバ(マスター)---サーバ(スレーブ)
           LAN

マスターとスレーブそれぞれにapcupsdをインストール
# yum -y install apcupsd

マスター側apcupsd.conf修正
# vi /etc/apcupsd/apcupsd.conf
 :
#UPSCABLE smart ←コメントアウト
 ↓
UPSCABLE usb ←追加
 :
#UPSTYPE apcsmart ←コメントアウト
 ↓
UPSTYPE usb ←追加
#DEVICE /dev/ttyS0 ←コメントアウト
 ↓
DEVICE /dev/hiddev0 ←追加
 :
#TIMEOUT 0 ←コメントアウト
 ↓
TIMEOUT 300 ←追加
 :
#KILLDELAY 0 ←コメントアウト
 ↓
KILLDELAY 180 ←追加

スレーブ側apcupsd.conf修正
# vi /etc/apcupsd/apcupsd.conf
 :
#UPSCABLE smart ←コメントアウト
 ↓
UPSCABLE ether ←追加
 :
#UPSTYPE apcsmart ←コメントアウト
 ↓
UPSTYPE  net←追加
#DEVICE /dev/ttyS0 ←コメントアウト
 ↓
DEVICE マスターのIPアドレス ←追加
 :
#TIMEOUT 0 ←コメントアウト
 ↓
TIMEOUT 300 ←追加

# /etc/init.d/apcupsd start
# chkconfig apcupsd on
# apcaccess status

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。