Slackを利用したDropboxの更新通知

背景

FAXの受信データをDropboxへ配信する設定をしたのですが、外出時等PCの前にいない時にファックスの受信に気が付けないかと思い、作成にいたりました。

何をしたかというと

DropboxのAPIを利用してwebhookでファイルの追加や更新時にSlackへ送信するというもの。

手順

1.Dropboxでアプリを作成

https://www.dropbox.com/developers

画像は割愛しますが、上記のページから「Create apps」をクリックするとログイン画面が表示されます。(すでにログインしている場合は表示されません)

アプリの作成画面になるので、

1.Choose an APIは、Dropbox APIを選択

2.Choose the type of access you needは、Full Dropboxを選択

3.Name your appは、なんでもいいのでアプリの名前を入力して 「create app」をクリック

必要なものは、OAuth 2の項目にある、Generated access tokenでトークンをGenerateして、コピーしておきます。

webhooksの項目のwebhook URLsに、webhook用のプログラムのURLを入力してAddします。これは、httpsのwebページでないといけないようです。

Dropbox側はこんな感じです。

2.続いて、SlackのAPIですが、こちらは非常に簡単です。

https://slack.com/services/new/incoming-webhook

既存ワークスペースを利用する場合は、上記にアクセスしてサインインします。新規でワークスペースを作成する場合は作成します。

チャンネルを選択するか、作成して、Incoming Webhook インテグレーションの追加をします。

webhook URLが生成されるので、これをコピーしてプログラムに利用します。

以上で、Dropboxに受信データが取り込まれると、Slackに通知がきてスマホで即時確認ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。